iBeaconなどのハードウエアと連動したサービスやアプリを開発する研究開発ベンチャー キーバリュー [資料請求・お問い合わせ]
株式会社キーバリュー

2014年4月25日 着席状況を記録できるスマートハード「スマート座布団」

 位置情報にもとづいて、感圧センサーとiBeaconモジュールを内蔵したスマートデバイス「スマート座布団」を開発したことを発表します。製品概要については こちらのプレスリリースをご覧ください



2014年4月22日 Google Glassで今いる場所のニュースを読める「Glassニュース」を発表

 位置情報にもとづいて、地元でいま起きているニュースをリアルタイムに読むことができるGoogle Glassアプリ「Glassニュース」を開発したことを発表します。製品概要については こちらのプレスリリースをご覧ください



世界中を走れる自転車「Virtual Cycling」を発表

 株式会社キーバリューは、2013年6月5日、スマートフォン/タブレット連動のフィットネス支援デバイス「Virtual Cycling」を発表します。この「Virtual Cycling」は、フィットネス自転車とiPad(iPhone)を接続し、世界中を仮想的にサイクリングできるようにする専用ハードウエアです。製品の概要については プレスリリースをご覧ください。




無料で使えるスマホアプリ「あんしん監視カメラ」を発表

 株式会社キーバリューは、2013年6月21日、iPhoneやiPod touch、iPadを防犯カメラにする無料iOSアプリ「あんしん監視カメラ」を発表します。製品概要については こちらのプレスリリースをご覧ください

私たちが考えていること

 3Dプリンターやオープンソースハードウエアが注目されるようになり、ハードウエアが簡単に作れるようになった、というニュースを耳にするようになりました。「メイカー革命によって世界が変わる!」という話がメディアを騒がせていても、それはどこか遠くの国の話のように聞こえると思います。まだそのメリットを肌で体感したことがある人はほとんどいません。
 この状況は、コンピュータがまだあまり家庭に普及していなかったころや、インターネット黎明期の状況に似ています。かつて、大学の理系の研究室の学生でなければ、気軽にインターネットを使えなかったころがありました。そのころ同様、現状では、概念や話題だけが先行しているに過ぎません。

 かつて高校時代にアマチュア無線や電子工作に熱中した経験がある私自身でさえ、つい最近まで、「メイカー」の話はまったくピンと来ず醒めた目で見ていました。しかし、ひとたびハードウエアをいじるようになってみて、考えは一変しました。
 家庭用プリンタで年賀状を作ったりミシンを使って縫い物をしている感覚で、自分が欲しいハードを作る人が増える、と今では思っています。そして、ただ単にモノを作るのではなく、身近なモノをスマフォやクラウドとつなげてリアルとデジタルを融合させることで、日常生活がずっと面白くなると確信しています。
株式会社キーバリュー 代表取締役社長 伊藤将雄

会社概要

 株式会社キーバリューは、スマートフォン、タブレットやハードウエアを利用し、実世界の人や物とインターネットをつなぐ事業を展開する。代表者の伊藤は、アクセス解析ツール開発ベンチャーのユーザーローカルの代表取締役でもある。就活生の9割以上が利用する「みんなの就職活動日記」創業者。ライブ配信アプリ「TwitCasting」を運営するモイ株式会社監査役。

・社名 : 株式会社キーバリュー
・代表者 : 代表取締役社長 伊藤将雄
・お問い合わせメールアドレス
 報道お問い合わせ : presskeyvalue.jp
 製品・事業に関するお問い合わせ : [資料請求・お問い合わせ]
Copyright (C) 2014 株式会社キーバリュー All Rights Reserved.