株式会社キーバリュー

PRESS RELEASE

share Tweet

クラウド連動デバイス開発ベンチャーのキーバリュー、
世界中を走れる自転車「Virtual Cycling」を発表

 株式会社キーバリュー(東京都千代田区、代表取締役 伊藤 将雄)は、2013年6月5日、スマートフォン/タブレット連動のフィットネス支援デバイス「Virtual Cycling」を発表します。この「Virtual Cycling」は、フィットネス自転車とiPad(iPhone)を接続し、世界中を仮想的にサイクリングできるようにする専用ハードウエアです。

 昨今、パーソナルヘルスケア分野のスマートフォン連携ハードウエアが米国を中心に話題となっています。ナイキのNike+ FuelBandや、Jawbone UP、Fitbitといったスポーツ量を記録する「活動量計」が発売されており、国内でも関心が寄せられつつあります。こうした背景のなか、キーバリューは、フィットネス自転車とタブレット(あるいはスマートフォン)、そしてGoogleストリートビューを連携させることで、楽しみながら継続的にトレーニングできるデバイス「Virtual Cycling」を開発しました。

「Virtual Cycling」をテレビに接続すると、フィットネス自転車のペダルをこぐのに合わせてテレビ画面上のGoogleストリートビューが更新され、あたかも実際にサイクリングをしているかのような体験ができます。パソコンを接続する必要はありません。GoogleストリートビューAPIを利用しているため、東京はもちろん、世界中をサイクリングする体験が可能です。また、ヘルメットに装着したセンサーによって姿勢に合わせて左右に曲がることができます。また、よりリアルにサイクリングを再現するために、スピードが上がるにつれて扇風機が回転し向かい風を演出するようになっています。

 心拍センサーや温度センサーによってサイクリング中の健康状態を表示したり、サイクリングしたコースやスピードをTwitterやFacebookの友達と共有することも可能です。「Virtual Cycling」は、世界中をサイクリングする体験を提供することで、フィットネス自転車でのトレーニングを長く楽しく続けられるものにします。

・製品名 : 世界中を走れる自転車 Virtual Cycling
・製品紹介ページURL : http://www.keyvalue.jp/

 
写真





※キーバリューの製品サポートは終了しています。株式会社ユーザーローカルにお問い合わせください。
Copyright (C) 2016 株式会社ユーザーローカル All Rights Reserved.